FC2ブログ

年間目標が +4,800 な理由

  • 2009/01/02(金) 23:39:49

あけましておめでとうございます。
ついにリベンジ開始の 2009年になりました。

私のシステムの年間目標は、+ 4,800 です。
リベンジを開始するにあたり、なぜこの目標額と
なったのかをお話したいと思います。

さて、あなたも日経225先物取引をやっていると仮定します。

日経225先物の魅力と言えば、現物株や信用取引では得られない
高いレバレッジ効果による大きなリターンであると言えますね。

この魅力を知ってしまったら、
もう株取引に戻るなんてできなくなるでしょう。

では、一日あたり一体どのくらいのリターンがあれば
あなたは満足できますか?

1万円? それとも 10万円?
ラージの値幅で言えば、10円や100円ですね。

取引を実際にやったことがある人なら、欲張らなければ
一日20円抜きくらいなら、そんなに難しくないと思います。

でも、われわれ弱小個人が用意できる証拠金など、
50万円くらいか、頑張っても 100万円くらいではないでしょうか?
それでは現状ラージ一枚のポジすら取れません。

じゃあ、mini でやるしかない。
でも、mini では 100円抜いてやっと 1万円です。
これでは億万長者なんて夢のまた夢か。。。


。。。ちょっと待ってください。
本当にそうでしょうか?

せっかくのお正月休みです。
だまされたつもりになって、もうちょっと夢のある話をしましょう。


まずは一日20円値幅を確実に取ることを目指したら、
どのくらい資産が増やせるのかきちんと考えてみることにしましょう。


その前に、簡単なルールをいくつか設定しておきます。

1) 証拠金 50万円 miniで運用
2) 毎日 20円抜き(手数料別途支払い)
3) 毎年複利運用(年間利益を元金に組み入れる)
4) 元金の 3割まで証拠金使用可
5) 寄り引け一括注文ができる kabu.com で運用
6) SPAN証拠金は 133,200円(110,000円×120%)で固定
7) 手数料は 往復で 210円

以上の条件で元金 50万円からスタートして
10年間続けると、どうなるのでしょうか。
それでは続けて見てみましょう。


一日 20円抜きを確実に達成できると、稼働日を 20日とすると
一ヶ月では 400円抜きとなります。

miniで運用した場合、一ヶ月で 4万円の利益です。
これではとても少なく感じることでしょう。

でも、これを年間を通じて達成すると、4800円抜きとなります。
miniなら 48万円の利益です。

どうでしょうか?
元金 50万円に対して、48万円のリターンですよ?
結構な利益だと思いませんか?

ここから手数料一枚あたり 210円を引いて、税金 20%を差し引き、
元金に加えると一年目の資産総額は 842,840円となります。
約1.7倍になるということですね。

これを続けていくと、3年目の資産は約187万円です。
そして 4年目には運用枚数も 4枚と増えて
利益はなんと 192万円。資産は 約 324万円となっています。

ここでまず間違いなく問題が発生すると思います。
それは、資産が増えたことでルール 4) を守れなくなり
たくさんのポジションを持ってしまうことです。

この誘惑を断ち切り、きちんとルールに従えた場合
5年目で早くも資産は 500万超えを達成。
6年目では、運用枚数 12枚。資産は 900万円超えを達成。
7年目では、ついに 1500万円を超えてきます!
8年目では、2998万円。
9年目には、5295万円。

そしてめでたく迎えた 10年目。
証拠金の 3割ルールに則った取引枚数は、なんと 119枚!
この年の利益は、驚きの 5712万円(!!!)です。

節目である 10年目の総資産は、手数料・税金を差し引いて
9375万2480円となりました。
あとほんのちょっとで 1億達成できるところですね。
(利益だけなら 1億超えてますが)

ちなみに支払う手数料は、612万2550円。
納める税金は、1019万9490円でした。

10年シミュレーション

ちなみにこれを、SPAN証拠金×100% の
トレイダーズ証券で行うと。。。

10年目の総資産は、手数料・税金を差し引いて
2億6482万9640円となりました。
そして支払う手数料は、1908万7950円。
納める税金は、3179万8410円でした。


いかがでしたか?
一日たったの 20円抜きが見せてくれる、なんとも大きな夢。

余談になりますが、これでもし一日に 30円抜くとどうなるのか?

答えはあなたが自分で見つけてください。
mini に対する見方が、きっとガラっと変わると思いますよ(笑)

スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する